えっ、年齢で違う?保湿美容液の年齢別選び方のポイント!

20代の上手な保湿美容液の選び方

20代はまだまだ肌が若々しく健康でとくに肌トラブルを抱えていない人も少なくありません。

 

しかし後半になると老化の兆しが少しずつ見られるようになってきますし、スキンケア環境の影響で肌にダメージが生じているケースも少なくありません。

 

そうした環境が肌に大きな影響を及ぼさないためにも適切な保湿美容液でしっかりと保湿ケアを行っておきたいところです。

過剰な洗顔で必要な皮脂などを除去していないか再確認

まずは自分のスキンケア環境を見直してみましょう。

 

例えば過剰な洗顔で必要な皮脂まで除去してしまったり、セラミドを洗い流してしまっている場合には肌が乾燥しやすい状態になっているので保湿美容液での保湿ケアでは十分なケアができない場合もあります。

 

若い頃はとくに清潔意識が過剰になりすぎて洗いすぎによる肌環境の悪化と乾燥を引き起こすケースがよく見られます。

 

乾燥がひどくて保湿美容液を使っても十分な効果が得られない、という方は保湿美容液の見直しよりも先に洗顔環境を見直してみましょう。

 

その上で適切な保湿美容液を選んでいくわけですが、まずはやはり保湿成分をしっかりと補うことができるかが選び方の第一の鍵となります。

 

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が配合されているだけでなく、浸透性にも着目して選んでいきましょう。

 

ナノ化によって分子量が細かく角質層の隅々にまで浸透しやすい処方が施されているものがお勧めです。

保湿だけでなく他の効果も得られるスキンケアを選んでみる

それから他の効果とのバランスも大事な点です。

 

30代以降ほど集中的に保湿対策を行っていく必要がない分、他の効果もバランスよく得られるような製品がお勧めです。

 

ボリュームのある肌を目指す場合には保湿成分に加えて肌の原材料となるアミノ酸やビタミンB群が配合された製品、肌を滑らかにしたい場合やくすみを何とかしたい場合にはターンオーバーを活性化させるビタミンC誘導体やレチノール、プラセンタエキスなどが含まれているのがお勧めです。

 

20代はスキンケアや生活環境で肌環境を悪化させてしまうことが多いため、それをカバーできるかどうかを重視したうえで保湿美容液を選んでいくとよいでしょう。

 

そして後半くらいから少しずつアンチエイジングへの意識を持ちながら改めて保湿美容液選びを行ってみましょう。
乾燥とエイジングケアに使ってみたいプロテオグリカン美容液>>

30代の上手な保湿美容液の選び方

30代はお肌の曲がり角、それまでとはスキンケア環境そのものを全面的に改める必要も出てきます。

 

その際の重要な鍵となるのが保湿ケアです。

 

30代に入ったら肌がどんどん乾燥していくことを念頭に入れたうえで保湿美容液を賢く活用していくことが求められます。

保湿成分の減少とバリア機能の低下をしっかりカバーできる美容液を

そんな30代の保湿美容液の選び方ではまず老化の影響をしっかりカバーできるかどうかが第一のポイントとなります。

 

30代に入ってまず見られる肌環境の変化は角質層に含まれる保湿成分の減少です。

 

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分が老化の影響で減少していくことで肌が水分を溜め込む機能が低下していき、乾燥のみならずバリア機能の低下までも引き起こし始めるのです。

 

バリア機能が低下すると紫外線のダメージを受けやすくなるなどさまざまな肌トラブルの原因となるほか、活性酸素を増やしてしまうことで老化をますます進めてしまう引き金にもなります。

 

それだけに減少した分を保湿美容液でしっかりと補っていく必要があるわけです。

ターンオーバーを促す抗酸化成分での対策も重要

30代の段階ではまだこれら保湿成分の減少はペースが緩やかなのでしっかりと補えば老化と乾燥の両方を防ぐことが可能です。

 

逆に言えばこの時期にどれだけ保湿対策で老化をカバーしているかどうかで40代以降の老化が本格的にはじまる時期の肌環境に大きな影響を及ぼします。

 

30代の保湿ケアはエイジングケアの下準備という面もあるわけです。

 

もうひとつ、ターンオーバーを促す対策も保湿対策の一環として意識しておきましょう。

 

30代に入るとターンオーバーも乱れやすくなり、古い肌と新しい肌の入れ替わりがスムーズに行われなくなることで乾燥しやすい状態になります。

 

さらに角質層内の保湿を担っている天然保湿因子(NMF)はターンオーバーの過程で生成されるため、乱れが生じると含有量が減少していきます。

 

それを防ぐためにもターンオーバーを活性化させる効果も保湿美容液に求めたいところです。

 

ビタミンC誘導体やプラセンタエキス、EGFといったターンオーバーを活性化する効果を備えた抗酸化成分が含まれているかどうかもチェックしてみましょう。

40代の上手な保湿美容液の選び方

40代は老化が急速に進行していくため、エイジングケアの観点からも保湿対策をしっかり行っていくことが大事です。

 

老化によって乾燥が急速に進行していく時期ですから、それをいかに防ぐことができるか、保湿美容液選びでもこの点が鍵となるでしょう。

保湿成分は浸透性に優れているかどうかと、セラミドは種類にも注目

まずは加齢とともに減少していくセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸をしっかりと補うことができるものを選びましょう。

 

これら保湿成分の減少は30代に入る頃からはじまっていますが、40歳前後にそれが加速していきます。

 

30代までと同じケアを行っていると減少によって不足していく分をカバーすることができずに乾燥が加速していってしまいます。自分の肌環境とよく相談しながら見直してみましょう。

 

その際には浸透性にどれだけ優れているかどうかも確認しておく必要があります。

 

とくにヒアルロン酸とコラーゲンは分子量の問題があり、浸透性を高めるためにナノ化などの技術で分子を小さくする処方が行われているかどうかを見ておきましょう。

 

さらに分子量の大きさが異なる複数のタイプを配合し、角質層のさまざまな場所に留める工夫をした製品もあります。

 

こうした保湿成分をどれだけ有効に役立てるかについてこだわった製品がお勧めです。

 

セラミドに関しては種類も見ておきましょうヒト型セラミドがもっとも効果が高くお勧めですが、乾燥肌・敏感肌が進行している場合にはより刺激が少ないこんにゃく由来の植物セラミドも適しています。

保湿対策だけでなく、抗酸化対策ができるかどうかも重要

加えて老化対策を併せて行っていけるかどうかも見ておきましょう。

 

40代に入ると老化と乾燥が同時進行で加速していきます。

 

老化によって乾燥し、乾燥によるバリア機能の低下が活性酸素を増やして老化をさらに加速させていくのです。

 

ですから保湿対策のみならず抗酸化対策もできるかどうかが40代の保湿美容液選びでは欠かせないポイントとなるのです。

 

ビタミンC誘導体やコエンザイムQ10のような抗酸化成分はもちろん、プロテオグリカンのように保湿効果と抗酸化作用の両方を備えた成分を配合した製品を見ていくとよいでしょう。

50代の上手な保湿美容液の選び方

50代の保湿美容液選びではいかに肌に負担をかけることなく使用していけるかが最大のポイントとなるでしょう。

 

老化がかなり進行している状況ですから、摩擦による刺激が大きな負担になってしまう恐れがあるため製品そのものの刺激だけでなく、使用する環境にも考慮したうえで選んでいくことが大事です。

余計な添加物が配合されていないものを選び、摩擦による刺激にも注意

まず肌に負担をかける恐れがある添加物がなるべく使用されていないものを選びましょう。

 

美容液の場合はとくに合成界面活性剤と防腐剤のパラベンが要注意です。

 

どちらも乾燥して敏感になった肌に使用すると過度な負担がかかってしまう恐れがある物質です。

 

防腐剤の方は製品の品質を維持するうえで必要な面もあるのでパラベンよりも刺激が少ないタイプを使用したものを選ぶとよいでしょう。

 

そのほか合成香料・合成着色料などにも注意が必要です。

 

それから摩擦による刺激を防ぐ対策も大事です。

 

化粧水、美容液、乳液、クリーム…とスキンケアアイテムを単品で使用していくとそのたびに摩擦による刺激が生じます。

 

これではいくら優れた効果を備えた製品でも悪影響の方が大きくなってしまう恐れが出てきます。

 

50代の肌ではこうした問題を避けるためオールインワン化粧品がお勧めです。

 

ひと通りのケアをオールインワンで済ませた上で目元など乾燥がとくに気になる部分を保湿美容液で補っていく。こうした他のアイテムの組み合わせも考慮したうえで選んでいきたいところです。

敏感になった肌にはできるだけ配合成分がシンプルなものを

もうひとつ、どれだけ多くの成分が配合されているかどうかも大事な点です。

 

美容液に限らずスキンケア製品は配合されている成分の種類が多くなればなるほど肌への刺激が強くなります。

 

そのため50代の敏感になった肌にはできるだけ配合成分が少ないシンプルなものが適しています。

 

保湿美容液を選ぶ場合には必要な成分だけが含まれ、しっかりと補うことができるものを選びましょう。

 

どうしても「あの効果も欲しい、あの成分もあったほうがいい」と欲張ってしまいがちですが、本来の保湿対策という目的を見誤らないよう注意した選んでいくことを心がけましょう。
乾燥とエイジングケアに使ってみたいプロテオグリカン美容液>>

人気のプロテオグリカン配合化粧品

ヴィーナスプラセンタ原液

プロテオグリカン美容液おすすめ

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
更に詳しく見てみる>>

フラコラ リフテスト プロテオグリカン原液

原液100%で湧き上がるハリ!たるんだ肌を持ち上げて長く潤す美容液
3,300円・税込
更に詳しく見てみる>>