洗顔料に保湿成分は必要?

洗顔も大事なスキンケアの一環、というより誤った洗顔が原因でトラブルを抱えたり、その後の化粧水や美容液の効果を損ねてしまっているケースが多いもの。

洗顔の目的はあくまで汚れを落とすことで、保湿成分を補ってもすぐに洗い流されてしまうが…

洗顔料の保湿成分

それだけに洗顔料選びでも汚れを落とすだけでなくスキンケアも意識した上で適切な製品を選んでいくことが求められるわけですが、そうした意識の高まりとともに保湿成分をはじめとした有効成分を配合した製品も増えています。

 

つまり汚れを落としながら有効成分を補うことができる一石二鳥の効果を備えているわけです。

 

保湿対策はスキンケア、とくにエイジングケアの最重要ポイントといってもよい部分ですから、洗顔の段階でできるなら言うことなしじゃないか、と思いがちですが、そのイメージほど効果が得られない面もあります。

 

それどころかそもそも洗顔料に保湿成分は必要なのか?という疑問もあるのです。

 

洗顔料の目的はあくまで汚れを落とすこと、とくに毛穴の奥に詰まった皮脂や角質をしっかりと絡めとって除去できるかどうかが問われます。

 

ですからあくまで目的「洗い流す」点にあるわけです。しかも洗った後にはすすぎをするわけですから、保湿成分を補ってもすぐに洗い流されて失われてしまうのです。

 

そもそも洗顔料の成分が肌に残ってしまうと負担になってしまうのですすぎは十分に行わなければならない、といわれているわけですから、正しい洗顔を行えば行うほど補った保湿成分は洗い流されてしまい肌には残らない、ということになります。

洗顔の際の負担を軽減できる効果が期待でき、洗顔の刺激が気になる人には向いている

洗顔料の保湿成分

では洗顔料に保湿成分は必要ないじゃないか、という考えるのも当然といえば当然です。

 

にもかかわらずどうして保湿成分を配合した洗顔料がさまざまなメーカーから発売されているのか?

 

保湿成分は洗い流されないよう処方が工夫されているというのもありますが、洗顔の際のダメージを和らげるという面もポイントです。

 

バリア機能が低下していると洗顔のダメージを受けやすくなり、十分な洗顔ができなくなってしまう場合もあります。

 

そんな時に保湿成分入りの洗顔料を使用することでバリア機能を改善しつつ洗っていくことで洗顔の負担を軽減できる効果が期待できるのです。

 

この点ではすすぎの際に保湿成分が洗い流されてしまったとしても効果が得られることになります。

 

純粋に保湿効果だけを求める場合には洗顔料よりも美容液、クリームでセラミドやヒアルロン酸を補ったほうがずっと効果的です。

 

ですから保湿成分入りの洗顔料は極端に刺激に敏感な方、洗顔の刺激が気になる方に向いているもので、それ以外の方はそれほど意識する必要はないといってもよいでしょう。
乾燥とエイジングケアに使ってみたいプロテオグリカン美容液>>

人気のプロテオグリカン配合化粧品

ヴィーナスプラセンタ原液

プロテオグリカン美容液おすすめ

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
更に詳しく見てみる>>

フラコラ リフテスト プロテオグリカン原液

原液100%で湧き上がるハリ!たるんだ肌を持ち上げて長く潤す美容液
3,300円・税込
更に詳しく見てみる>>