アトピーを悪化させない効果的な保湿ケアのやり方は?

アトピー肌は刺激に対して極端に敏感な状態になってしまっているのでスキンケアを行おうと思ってもなかなかうまくいかないものです。

まずアレルゲンが含まれていないかを確認し油分も適度に補っていきたい

アトピーの保湿

まずバリア機能を改善するための保湿ケアが大事なのですが、あくまでアトピーを悪化させない範囲内で行っていくことが大前提となります。

 

そんな効果的な保湿ケアのやり方ではまずアレルゲンが含まれていないことを確認しておくのが第一です。どんな低刺激の成分でもその人にとってアレルギー反応をもたらす危険がある場合には適さないわけです。

 

とくに植物由来のエキスは安全性が高い点がアピールされているものの、アトピー肌にとってはアレルギーをもたらす恐れがあるので十分に注意したうえで選んでいくようにしましょう。

 

そのうえで油分をうまく補っていきましょう。アトピー肌は表皮が不安定な状態でちょっとした刺激に対して過敏な反応して炎症を起こしてしまいます。ですから油分を補ってバリア機能を高める対策が欠かせないのです。

 

そのままではいくら保湿成分を補っても蒸発して失われてしまうため、保湿ケアそのものの効果を高めるうえでもこの点はとても大事です。

 

ただあまり補う油分が多いとそれが肌に負担をもたらしてしまうこともあるのであくまで適量を心がけましょう。

ターンオーバーの活性化や、睡眠環境や腸内環境もアトピー肌改善に役立つ

アトピーの保湿

それからターンオーバーを活性化させる対策を積極的に取り入れること。

 

ターンオーバーが活性化すればアトピー肌から健康な肌への入れ替わりを促すことができますし、ターンオーバーの過程でセラミドと天然保湿因子(NMF)の生成されることで角質層の保湿力も向上させることができます。

 

この点に関してはプラセンタエキスやEGFといった角質細胞を活性化させる成分を補っていくことも大事ですが、それよりもまず生活習慣でできるケアを取り入れていきましょう。

 

とくに睡眠環境の改善はターンオーバーに直接かかわるポイントだけに非常に重要な点です。

 

ほかにも食事、運動など、肌に直接触れる必要がないケアを取り入れていけばアトピー肌を刺激することなく保湿を行っていくことができます。

 

この肌に触れないケアではサプリメントもうまく取り入れてみましょう。

 

プラセンタエキスやセラミド、コラーゲンが配合されたサプリメントもありますし、肌の原材料となるたんぱく質、アミノ酸、皮膚の生成をサポートするビタミンB群なども摂取したい成分です。

 

それから腸内環境の改善。腸内には全身の6割もの免疫細胞が存在しているため、その健康状態がアトピー肌にも大きく影響します。

 

便秘がちなどおなかの調子がよくない方は乳酸菌やオリゴ糖などで整えてアトピー肌の改善に役立ててみましょう。
乾燥とエイジングケアに使ってみたいプロテオグリカン美容液>>

人気のプロテオグリカン配合化粧品

ヴィーナスプラセンタ原液

プロテオグリカン美容液おすすめ

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
更に詳しく見てみる>>

フラコラ リフテスト プロテオグリカン原液

原液100%で湧き上がるハリ!たるんだ肌を持ち上げて長く潤す美容液
3,300円・税込
更に詳しく見てみる>>