脂性肌でも保湿ケアは必要?べたつかない上手な保湿ケアのやり方は?

脂性肌は肌がベタつきがち、そのうえ保湿ケアを行ってしまってはますまは不快な思いをしてしまうだけ、と思っている方も多いはず。

脂性肌でも洗顔後は必要な皮脂も除去され敏感な状態、保湿ケアは重要

脂性肌の保湿ケア方法

そもそも脂性肌に保湿ケアは必要ないではないか?という疑問も出てきます。ただ実際には脂性肌でも保湿は不可欠です。そもそも保湿は肌質を問わずあらゆるスキンケアの基本といってもよいものです。

 

どうして脂性肌でも保湿ケアが必要なのか?まず脂性肌のスキンケア環境を考えてみましょう。

 

洗顔では一生懸命皮脂を落とそうとしているはず、その結果洗顔後には必要な皮脂も除去してしまい刺激に敏感な状態になってしまうことが多いのです。

 

こうした脂性肌が洗顔を行った直後は本人が考えている以上に敏感な状態になっているもので、そこに刺激の強い美容液を使用すると肌に大きな負担をかけてしまう恐れがあります。

 

とくに美白成分を使っている方は要注意。「自分は脂性肌だから少しくらい刺激が強い美白成分を使っても大丈夫」と油断していると思わぬトラブルを抱えることにもなりかねません。

インナードライは表面は脂っぽいのに角質層の保湿力が低下し乾燥が進んでいる状態

脂性肌の保湿ケア方法

また、脂性肌だと思っている人の中にはじつはインナードライのケースも見られます。

 

これは皮脂の分泌量が多いため表面は脂っぽい状態になっているものの、角質層の保湿力が低下しているため乾燥が進んでいる状態です。

 

この状態だと先ほど触れたように一生懸命皮脂を除去する洗顔や刺激の強い美容成分を使用した結果角質層のダメージを強めてしまう恐れがあります。

 

しかも角質層が乾燥しているうえに皮脂を過剰に洗顔で除去してしまった結果それを補うためにますます皮脂の分泌量が増えてしまう恐れもあるのです。

 

では脂性肌の保湿ケアはどう行っていけばいいのか?ベタつきがやはり厄介なので適度な皮脂を除去したうえで保湿成分をしっかり浸透させられる環境づくりが求められます。

 

洗顔では適度な洗浄力の洗顔料を選び、さらに粒子が細かく泡立ちがよいことがポイントです。これは毛穴の奥の汚れをしっかり落として有効成分の浸透性をアップさせることです。

 

それから美容液の前に化粧水で洗顔後の肌をしっかり整えましょう。必ずしも保湿化粧水を使用する必要はなく、美容液の刺激を避けるため肌を整える働きを備えているかどうかを重視して選ぶことが重要です。

 

あとはビタミンCやビタミンB2、B6といった皮脂の分泌を調節する成分も保湿成分とうまく補っていけば脂性肌そのものを改善しつつ潤いに満ちた肌作りを行っていくことができるでしょう。

 

脂性肌を改善していくうえでも適切な保湿ケアを心がけていきたいところです。
乾燥とエイジングケアに使ってみたいプロテオグリカン美容液>>

人気のプロテオグリカン配合化粧品

ヴィーナスプラセンタ原液

プロテオグリカン美容液おすすめ

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
更に詳しく見てみる>>

フラコラ リフテスト プロテオグリカン原液

原液100%で湧き上がるハリ!たるんだ肌を持ち上げて長く潤す美容液
3,300円・税込
更に詳しく見てみる>>