保湿と保水の違いとは?

スキンケアを行う時には保湿と保水の違いをよく確認しておきましょう。保湿のためには水分を補うことはもちろん、その状態を維持することも大事です。それができていないといくら水分を補ってもすぐに失われてしまいますし、美容液で補った有効成分も十分に効果を発揮しないまま失われてしまうことになります。そんな保湿対策の基本となるのが保湿と保水の違いなのです。

保湿は水分を補い潤った状態のこと、保水は水分を肌に溜め込み維持すること

保湿とは水分を補い、潤った状態にすることですが、肌質によってはそれだけでは不十分な場合もあります。とくに年齢を重ねて角質層から保湿成分が失われている場合、冒頭で触れたようにいくら水分を補ったところで水分を保ち続けることができず、どんどん蒸発してしまうのです。そこで重要になるのが保水です。

 

保水とは水分を肌に溜め込んで維持すること。保湿で補った水分と美容成分を肌の内部に留め続けることで効果を最大限に発揮するよう促すのが大きな目的です。この保水をしっかりできていないといくら一生懸命保湿対策を行っても、あるいは効果な保湿化粧品を使用しても十分な効果が得られません。

角質層の内部で水分を溜め込む能力を高めることが保水のポイント

保水のためにはまず角質層の内部で水分を溜め込む能力を高めなければなりません。そのためにはまずヒアルロン酸やプロテオグリカンのように水分を抱え込む効果を備えた成分を補うのが一番の近道です。

 

ヒアルロン酸は加齢とも減少していくため適度に補っていくことが重要ですし、プロテオグリカンは保水効果に加えて抗酸化作用も備えているのでエイジングケアにも併せて活用できるのが魅力です。

 

またセラミドが不足すると角質層の構造が乱れ、角質細胞同士の隙間から水分が蒸発しやすい状態になってしまいます。そのためセラミドを適度に補うことも保水には欠かせないポイントです。加えて化粧水、美容液の後に乳液・クリームを使用して皮膚の表面に油分のフタをすることで水分と有効成分が失われないように防ぐのも大事な保水対策となります。

 

こうした保湿と保水の違いとポイントを踏まえたうえで日々のスキンケアを行っていきましょう。
乾燥とエイジングケアに使ってみたいプロテオグリカン美容液>>

人気のプロテオグリカン配合化粧品

ヴィーナスプラセンタ原液

プロテオグリカン美容液おすすめ

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
更に詳しく見てみる>>

フラコラ リフテスト プロテオグリカン原液

原液100%で湧き上がるハリ!たるんだ肌を持ち上げて長く潤す美容液
3,300円・税込
更に詳しく見てみる>>